「ちょっと大目に見てよ」を英語で言うと?|"cut me some slack" 使い方



写真のスポーツをご存じですか?

テレビや公園で見かけたことがある人もいるかもしれません。

一見、綱渡りのようですがスラックライン(slackline)と呼ばれるもので、ベルト状の紐(ライン)の上でバランスを取りながら飛んだり跳ねたりして楽しみむスポーツです。上級者になると体操の床演技のように、体を何回もひねりながらトリックを次々と決めていくようです。

スラックラインのslackとは、ロープなどが「弛んだ」「ゆるい」という意味です。ラインは木と木の間などにテンションを掛けてきつく張りますが、ライン自体に伸縮性があるため、実際に乗ると上下左右に揺れます。ラインが伸縮し、弛んでいるようであるためスラックラインと言うようです。

さて、このスラックラインと今日のテーマである、「大目に見る」がどのように関係しているかというと、「スラック = slack」という単語です。


Cut me some slack!

ちょっと大目に見てよ そんなにきつく当たらないで 勘弁して 見逃して



厳格なルールや厳しい処分を緩めるようなイメージをすると覚えやすいかもしれません。このイディオムで使われる cut は give と同じ意味なので、直訳すると「緩さをちょうだいよ」になります。

上では cut me some slack と me が使われていますが、実際には cut [人] some slack なので、cut him some slack, cut her some slackなど状況に応じて変えましょう。


例文

I know I did it wrong, but today is my first day back to work after maternity leave, so cut me some slack.

やり方が違ったみたいだけど、今日は産休明け初日。ちょっと大目に見てよ。



Come on, guys. Cut him some slack. He didn't break the wine glass on purpose. He was just trying to help. ちょっとみんな、勘弁してあげなよ。彼だってわざとワイングラスを割ったわけじゃないんだから。手伝おうとしてただけ。



【合わせて読みたい】

「明日は我が身」英語ではこんな心温まるエピソードが背景にあるフレーズも!

  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua