英語の会話の終わらせ方!自然で後味のいいフレーズ集

最終更新: 1日前


日本語でも英語でも、話すのが上手な人は会話の「終わらせ方」も上手な気がします。会話の切り上げ方がスムーズだと後味がいいものです。

例えばスポーツジムに到着したとき、既に運動もシャワーも終えた人と雑談したとします。そして、会話の最後に、帰る人には「お疲れ様でした」、これから運動する人には「いってらっしゃい」や「頑張ってね」という一言があると好印象ですね。今回は、そのような自然で後味のいい会話の「終わらせ方」を英語で見ていきましょう。カジュアルな会話とビジネス会話の2つのシーンに分けてご紹介します。

どんな言語でも同じように、会話を終わらせたいときは「終わらせたい合図」を出します。

英語でこれを行うには、まず、「さて」「ええと」「そうですね」などを意味する“Well”を言います。そして、その後にポーズ(間)を入れます。


Well…

点の部分に意味を含ませる言い方で、「ぇぅ」

Wellの後に少し間を置いたら、次のようなフレーズを言います。


カジュアルな会話を終わらせたい場合


Well, I should get going.

Well, I have to get going.

Well, I better get going.

Well, I have to go now.

ろそろ行かないと(すべて同じ意味です)

get going = 出発する、取り掛かる、急ぐ


I better や you better  というフレーズは会話でよく登場します。good, better, best の better ではなく、"had better"の"had"が省略されたものです。had better とは、「 ~しないと大変な(困った)ことになる」という意味です。

I had better go. → I'd better go. → I better go. → Better go. 


この順番でどんどん短くなっていきますが、すべて同じ意味です。




Well, I have to [meet someone] in a few minutes. あとちょっとで[人と会う]ことになっているんです。





Well, I’d better get back to [work.]  さて、ぼちぼち[仕事]に戻らないと。

get back to~ = ~に戻る




Well, I’ll let you get back to [work.] では、[お仕事]を続けてください。


let は「させてあげる」「~する許可を与える」なので、直訳だと「仕事に戻る許可を与える」「仕事に戻らせてあげる」になります。「許可を与える」だなんておこがましいようですが、むしろ相手への配慮を表す表現になっています。相手が忙しいだろうと気を利かせて、「(お忙しいでしょうから)もう仕事に戻ってください(続けてください)」というニュアンスが含まれています。





Well, I should probably let you go now. では、そろそろ行ってください。(では、この辺で・・・)


let you go も上と同じ、「行く許可を与える」= 「お忙しいでしょうからもう行ってください」というニュアンスです。





そして、これらの最後にこのような締めのフレーズをいくつか入れてあげれば好印象です。

It was nice talking to you.  お話しできてよかったです。

It was nice seeing you again.  またお会いできてよかったです。(お元気そうで何よりです。)

Say hi to [Steve] for me. [スティーブ]によろしくね。

Have a great day. / Good night.

よい一日を。/ おやすみなさい。

Have a great time at [the party]. [パーティー]を楽しんできてくださいね。

Drive safely. / Safe travels!

運転お気をつけて。/ 気を付けてね!(旅行に出る人に対して)



ビジネス関連の会話を終わらせたい場合


ビジネスでの会話を終わらせるときは、次のステップについて一言加えて終わるとスムーズです。

So, I’ll look into the prices on the website a little more and email you within a few days. 

では、ウェブサイトで価格をもう少し調べて、数日内にメールを差し上げます。

look into = 調査する、調べる




So, we’ll wait for Steve’s answer and then go from there. まずはスティーブの回答を待ってから、また話し合いましょう。


go from there = 直訳は「そこから行く」ですが、「まずは○○をしてから、検討しましょう」といったニュアンスになります。※こちらの記事もどうぞ




OK, I’ll talk to my boss and get back to you first thing tomorrow morning. では、上司に話して明日の朝一番でご連絡を差し上げます。


get back to [人] = [人]に改めて連絡をする、返事をする

first thing tomorrow morning = 明日朝一番に






【合わせて読みたい】

「また会いたい」と思われるビジネスでのスマートな帰り際の一言



  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua