「出だしでつまずく」を英語では "get off on the wrong foot"


Don't judge a book by its cover. 表紙で本の価値を判断してはいけない

これは有名な英語のことわざで、人は見た目で判断してはいけないという教えです。確かにそうなんですが、やはり仕事においてもプライベートにおいても、初対面の相手への第一印象は大事なものです。そんな第一印象が悪かったとき、出だしでつまづいてしまったときのフレーズを今日はご紹介します。使い方によっては、リカバリーするときに役立つかもしれません。

get off on the wrong foot

悪いスタートを切る 第一歩を踏み外す 出だしを間違う


get off には「出かける」という意味もあり、直訳すると「間違った足で出かける」というニュアンスになります。正に「最初の1歩を踏み外す」「出だしで滑る」という意味ですね。発音は、ゲフォンダ ーン

get off は現在形ですが、過去形で got off on the wrong footにする場合は、ゴフォンダ ーン


例文

I think we got off on the wrong foot. Can we start again and try to be friends? 私たち、出だしが悪かったみたい。リセットして友達としてやり直せない?


Steve gets off on the wrong foot with just about everyone. スティーブは誰と会っても、だいたい第一印象がいつも悪い。



【合わせて読みたい】

「しまった!」うっかり言ってしまった状況からリカバリーする英語フレーズ

  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua