【音声付き例文】「場合による」「一概には言えない」YES/NOでは答えられないとき英語では "it depends" | "up to you" との違いは?


英語圏の文化では、白黒ハッキリさせる傾向があります。しかし、いつもいつもYES/NOでは答えられないものです。また、何かを聞かれても状況によって答えが変わるため何とも言えない。

そんなときに知っていると便利なフレーズが、これ。

It depends.

場合による(一概には言えない)

イッディペンz




発音注意! It depends ではなく *It's depends と言ってしまう人が多いので注意しましょう。

YesでもNoでもないとき、あるいは状況によって答えが変わるときは、まずは It depends. と言っておくと会話が止まってしまうことを避けられます。It depends. と言った後に、「この場合はこう」 と説明をしていけば大丈夫です。


例文

A: What's the best way to get to Yokohama? 横浜に行くのに一番良い方法ってなに?

B: Well, it depends. The easiest is to just to take the cab, but if you want to go the cheapest way, then take the train. ん~、場合によるかな。一番楽なのはタクシーだけど、安く行きたいなら電車かな。

また、「~による」 と言いたいときは、 It depends on... と言いましょう。


It depends on the weather. 天気による → 天気次第

It depends on what he says. 彼が何て言うかによる。

It depends on what you mean by "happy". あなたがどういう意味で「幸せ」って言っているかによる。




It depends on how much you're willing to pay. いくらなら払ってもいいと思っているかによります → あなたの予算次第です




1つ注意したいのは、It depends on you.It's up to you. の違いです。

どちらの文章も和訳すると「あなた次第です」になりますが、ニュアンスが違います。

① It depends on you.

あなたに依存している。あることが行われるか否かはあなた次第。

Ex. Can we go to Yokohama this weekend? It depends on you. 今週末、一緒に横浜に行ける?あなた次第なの。(私はお休みだけど、あなたに予定があったら行けない)

② It's up to you.

選択肢があり、それを選ぶのはあなた。

Ex. Where do you want to go this weekend? Yokohama? Tokyo? It's up to you. 今週末どこに行こうか?横浜?それとも東京?あなたが選んでいいよ。(あなたに任せる)



「~におまかせ」「~が決めて」という場合は、It depends on ~ ではなく、It's up to ~. を使いましょう。



【合わせて読みたい】

ネイティブがよく言う "The thing is" の意味と使い方

  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua