「やっぱり」と英語で気分が変わって考えを変えるときのフレーズ | actually, on second thought の使い方

最終更新: 1日前




「よく考えたら、やっぱり・・・」と気が変わったとき、英語ではこう言います。


on second thought



やっぱり…と思い直したので、「2番目の考え」 といったイメージです。









「ワインは赤と白、どちらになさいますか?」 「白。いえ、やっぱり赤。」



「お飲み物を何かお持ちしましょうか?」 「いえ、けっこうです。やっぱりお水ください。」




「それいいアイディアだね!」 元気にそうは言ったものの、考えれば考えるほど良くない気がしてきた。



「Steveには明日電話しておくね」 あ、でも、確か明日は忙しいって言ってたから今かけた方がいいかも。



「カレーの辛さは1~5のどれにします?」  「5の激辛で」 カレー屋さんで強がって激辛を注文したものの、やっぱり普通の辛さにしないと大変なことになりそうな気がしてきた。





例文


A: Would you like red or white?   赤と白、どちらになさいますか?

B: I'll have the white one. No, on second thought, I'll take the red one.   白にします。いえ、やっぱり赤にします。








A: Would you like something to drink?   お飲み物いかがですか?

B: No, thank you. On second thought, could I have some water?   いいえ、けっこうです。でも、やっぱりお水を頂けますか?








I thought it was a good idea at first, but on second thought, I'm not so sure. 最初はいいアイディアだと思った。でも、やっぱりそうでもない気がしてきた。






これの他にも、ネイティブがよく使うフレーズに次のようなものもあります。


actually



「アクチュアリー」 ではなく、 「アクシャリー」 に近い発音になります。






文中に actually が登場すると 「意外と」 とか 「実際は」 という意味ですが、

「やっぱり」 という意味で使われる actually文頭(周辺)のポジションが多いです。





例文

I thought it was a good idea at first, but actually, I'm not so sure. 最初はいいアイディアだと思った。でも、やっぱりそうでもない気がしてきた。








I'll call Steve tomorrow. No, actually, I'll call him now. I think he said he would be busy tomorrow. スティーブには明日電話しよう。あ、でも、やっぱり今かけよう。確か明日は忙しいって言ってたから。








A: How hot do you want your curry on a scale of 1-5? カレーの辛さは1~5のどれにしますか?

B: 5. Actually, 3.   5で。あ、やっぱり3で。







【合わせて読みたい】

時間などが「多少前後する」を英語でどう表現する?|Give or take


  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua