「もし5億円が当たったら・・」夢見る仮定法シリーズ第一弾!|あり得ない現在と未来を英語で表現

最終更新: 2日前


「もし5億円が当たったら何に使う?」

「明日、雨が降らなかったら何しようか?」

「昨日あんなに飲まなかったら終電を逃さなかったのに」

「あぁ~~もうぅ、忙しい!分身の術でも使えたらいいのに!」

「スマホがなかったら生きていけない!」


こんな妄想や後悔を英語で言う時に使うのが仮定法です。「仮定法」と聞くと、学生のときに苦労した人も多いかもしれません。英語アレルギーのきっかけになりやすいのもこの仮定法です。しかし、冒頭のような「イマジネーションの世界」を表現できる仮定法は、本当はとても楽しいものです。難しい言葉はなるべく省き、色を使って「イマジネーションの世界」を表現していきましょう。

「イマジネーションの世界」を表現するときは、そのイマジネーションがどれくらい実現可能なのか、そしていつについてのイマジネーションなのかで種類が分かれます。



今回は、現実には起こり得ない現在・未来の世界を表現します。



「10億円持ってたら君に家を買ってあげるのに」


でも、実際は持ってないので買えないとします。イマジネーションの世界を話すときに最も大切なのは、文章を2つに分けて考えることです。

もし~だったら、~するのに

もし10億円を持っていたら家を買うのに


ビジュアル的に分かりやくするために、最初の「もし~だったら」の部分は赤で、「~するのに」は青で表現することにします。そして、この超非現実的な現在や未来を話すときのルールは、これ。

If 過去、would


ついに”if”が登場しましたが、恐れるべからず。大丈夫です。

if 過去 = もし~だったら

would = ~するのに



先程の10億円の文章ですが、もし普通に「私は10億円を持っている」と言いたいときは、I have one billion yen です。しかし、現実は持っていません。そこで、イマジネーションの世界に飛びます。

もし私が10億円を持っていたら・・・」 

これは、「もし~だったら」の赤い部分にあてはまります。ルールでは、「もし~だったら = If 過去」なので、If I had one billion yen, です。これで文章前半が出来ました。




文章の後半、「~するのに」は青い部分、つまりwould の部分です。もし普通に、「私はあたなに家を買う」と言うのであれば、I will buy you a houseです。しかし、実際には買いません。つまり、

I will buy you a house(あなたに家を買ってあげる) ではなく、

I would buy you a house(あなたに家を買ってあげるのに)

これで後半の完成です。



前半と合わせると・・・


もし10億円持っていたら家を買ってあげるのに If I had one billion yen, I would buy you a house.






では、次の文章です。

車を持っていたら明日はディズニーランドまで運転していくんだけどね (でも、持ってないから電車ね)


まずは、色分けで考えます。


車を持っていたら明日はディズニーランドまで運転していくんだけどね


車を持っている = I have a car ですが、実際は持っていません。そこで、イマジネーションの世界へ。

車を持っていたら = If I had a car,



明日はディズニーランドまで運転していく = we will drive to Disneyland tomorrowですが、実際は運転しないので、再びイマジネーション・・・

we would drive to Disneyland tomorrow


※主語が”we”になっているのは、「私たちは車で一緒に行く」というニュアンスが入っているからです。



2つを合わせると、

If I had a car, we would drive to Disneyland tomorrow.



もう1つ例文を見ます。

分身の術が使えたら、一緒に海に遊びに行くんだけどな(でも仕事なので無理)







まずは単語の確認からです。

分身する = split myself into two(直訳:自分を2つに割る)

分身できる = can split myself into two


私はあなたと一緒に海に遊びに行く = I will go to the beach with you




前半と後半で考えると、

分身できたら = If I could split myself into two

一緒に海に遊びにいくのに = I would go to the beach with you


合わせると、

分身の術が使えたら一緒に海に遊びに行くんだけどな If I could split myself into two, I would go to the beach with you.


※語尾が「行くのに」「行くんだけどな」などと変わるのは、その時の雰囲気・ニュアンスや話し手が誰かによるので、ご自分の判断で変えてOKです。




最後の例文です。

もし私があなただったらYESと言うよ。

まずは、フレーズを確認しましょう。


私はあなたです = I am you.

YES と言う = I will say YES.



ここで、ワンポイント!

am や is が登場する文章をイマジネーションの世界で表現するときは、wasではなく were が使われます。主語が I でも were, 主語が he/she/it でも wereです。(カジュアルな会話では wasが使われますが、文法的にはwereが正解です。)


このワンポイントを踏まえて、イマジネーションの世界に飛びます。

私があなただったら = If I were you ←変な感じがしますが、合っています♪

YESと言うのに = I would say YES



合わせると、

If I were you, I would say YES.




ちなみに、の部分は順番を逆にしても同じ意味です。


10億円持っていたら家を買ってあげるよ

If I had one billion yen, I would buy you a house.

I would buy you a house if I had one billion yen.


しかし、赤のif を含む部分が最初に来るときはカンマが必要です。が前に来るときは、カンマは不要です。





今回の現実には起こり得ない現在・未来の世界を表現する方法ですが、


もし~だったら、どうする?

という質問にも使えます。



例えば、

What would you do if you only had 24 hours to live? もしあと24時間しか生きられなかったら何をする?(どうする?)

What would you do if you found a wallet? もしお財布を見つけたらどうする?

What would you say if you were me? もしあなたが私だったら何て言う?

などなど。



また、「~だったらよかったのに」という現時点で叶うことのない願いを表すときにも I wish と一緒にすることで使えます。


例えば、


フランス語が話せたよかったのに。(勉強すれば話せるようになるかもしれないが、今は話せない) I wish I could speak French.


「話せたら」という部分が、「もし話せたら」にあたるので、赤くしてあります。考え方としては、If I could speak French (もしフランス語が話せたら)





また20歳に戻れたらいいのに。(20歳だったらよかったのに) I wish I were 20 again.

If I  were 20,...(もし20歳だったら・・・)





この世にテストなんてなければいいのに。 I wish there were no tests in this world.

If there were no tests,...(もしテストがなかったら・・・)






【合わせて読みたい】

【間違いあるある】「数詞+名詞=形容詞」名詞は単数形|日本人に多い英語の落とし穴!



  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua