今後の展開が分からないときの英語フレーズ|We'll take it from there.

最終更新: 2月11日



今回はビジネスでも日常会話でも頻繁に使われる便利なフレーズをご紹介。



現段階では今後の展開が読めず、まだ具体的に物事を決められないときに使えるのが We'll take it from there.です。「今は何もできないので、とりあえず様子を見てみましょう」といったニュアンスが含まれることもあります。




We'll take it from there.

そこからどうするかを決めましょう

そこから話を進めましょう


和訳からも分かるように、「そこからどうするか決めましょう」と言うからには、このフレーズの前に「そこ」を示す何らかの情報がないと「そこから」になりません。



つまり、「とりあえず明日会いましょう。そして、そこからどうするかを決めましょう。」や「とにかく今は彼らの到着を待って、無事に到着したら話を進めましょう。」といった具合です。




例文


How about we meet up tomorrow and we'll take it from there?

とりあえず明日会うことにして、そこからどうするかを決めましょうか。







Let's just wait for them to arrive for now. Once they get here safe and sound, we'll take it from there.

とにかく今は彼らの到着を待って、無事に到着したら話を進めましょう。







健康診断で「要精密検査」の結果が出たとします。ドキドキしながら病院で一連の検査を行い、あとは結果待ちという状況でドクターが言います。


We've done all the scans and tests. Now we just wait for the results to come in, and we'll take it from there, OK?

スキャンや検査はすべて終了しました。あとは結果が出るのを待ち、そこからどうするか決めていきましょう。







【合わせて読みたい】

動詞ではなく名詞として使う "try"





  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua