「今日は何するの?」「最近どう?」up to を使ってカジュアルな質問

最終更新: 1日前



「今日は何するの?」友達にはこんな質問よくしますね。

これを英語で言うと、

What are you up to today?






up to があまりピンとこない部分かもしれません。up to には意味が沢山ありますが、今回は今日のテーマである意味だけにポイントを絞ります。

up to には、「〜で忙しい」「〜に取り組む」という意味があります。What are you up to today? この質問を直訳すると、「今日は何で忙しいの?」「今日は何に取り組むの?」になります。そして、意味として「今日は何するの?」になるのです。

ここで少しだけ文法に注目してみましょう。このフレーズの時制を変えると、質問の幅が広がるからです。

What are you up to today? = 今日は何で忙しい? = 今日は何するの?

これは、「今日」なので現在形を使っています。What are you up to today?しかし、これを現在完了形にしたらどうなるでしょうか。

(現在完了・・・中学校でやったっけ。分かっているような、分かっていないような。)

簡単に現在完了形のおさらいをすると、現在完了形はその名前の通り、「現在までにやった(完了した)こと」「現在までにやっていない(完了していない)こと」について話すときに登場する時制です。



既に○○をした。

まだ○○をしていない。

最近○○をした。

最近は○○をしていない。



こういうことを話すときに使います。「既に」「まだ」「最近」というキーワードに共通するのは、どれも正確な時間の情報がないということです。「既に」というのは、「今より前」ですが、昨日なのか、1週間前なのか、1年前なのか分かりません。このように、 「過去のいつか(今まで)」から「現在」にかけての出来事を話すときに現在完了形を使います。

文章の作り方は、HAVE + 過去分詞 です。

I have seen him. 私は彼を見たことがある。

She has forgotten all about it. 彼女はそのことについてすっかり忘れてしまいました。






どちらの文章も「今より前」の過去のことを話していますが、いつなのかという正確な時間の情報がありませんね。(過去の正確な時間の情報がある・分かっている場合は、単純過去形を使います。)

さて、おさらいしたところで本題に戻ります。What are you up to today? を現在完了形に変えてみましょう。

現在完了に変えると、文章の意味はどう変わるのでしょうか。現在完了は「今まで」のことについてです。ということは、「今日は何するの?」ではなく、「最近は何してたの?」「最近どう?」「元気だった?」という意味に変わります。

では、文章を組み立てていきましょう。

「最近は何しているの?」という質問も「何」は同じなのでWhat はそのまま使います。問題はこの後です。変えようとしている文章はこれ。

What are you up to today?

are という動詞は、主語が you の時の BE動詞の現在形です。現在完了形は HAVE + 過去分詞 とおさらいしました。では、BE動詞の過去分詞は・・・?


そう、been です。

そうすると、HAVE + 過去分詞 なので、have been というカタマリが出来ましたね。

What are you up to today? という元の文章の主語は you、そして文章のタイプは疑問文ですので、What have you been up to? とすればOKです。

そして、最後の仕上げとして、「今日」ではなく、「最近」なので、lately や recently を付けてあげます。

What have you been up to lately?

最近どうしてた?



次は、これを聞かれてしまったときの答え方です。なんて答えていいのか分からずドキッとしてしまいますよね。よくある答え方をご紹介します。


いや、特に何も。(別に・・・) Not much. / Nothing much.



バタバタしています。 I've been busy.



相変わらずですよ。 Same old, same old.




そして、最後には How about you? あるいは Yourself? とお返ししてあげましょう。


例文


A: What have you been up to lately?

B: Not much. Yourself?






【合わせて読みたい】

まだ実感がわかない!を英語で言うと?|It hasn't sunk in yet.

  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua