ネイティブがよく言う"Yeah, right"の意味と使い方

最終更新: 2月11日


"Yeah, right." 

カジュアルなシチュエーションで使われるこのアメリカ英語のフレーズの意味をご存じですか?

海外のドラマや映画で耳にしたことがある人も多いかもしれません。

文字通りに解釈すると、「うん、そうだね(その通りだね)」です。そして、それは間違いではありません。

が・・・

これ、会話で登場するときは皮肉が込められて使われることが多いのです。このフレーズには、以下のような意味があります。

よく言うよ

ふーん、あっそ

はいはい(嫌味っぽく)


つまり、相手から言われたことを信じていない、あるいは真面目に捉えていないことを表すときに言うのが "yeah, right" です。これを使うときは、少し鼻で笑うような言い方や、呆れた感を出すとそれらしい雰囲気が出ます。

このような感じです。

Yeah, right.



例文

A: Guess what? I got accepted into Harvard! ねぇねぇ、大ニュース!ハーバード大学に受かったよ!

B: Yeah, right. はいはい。





A: I really didn't mean to hurt you. 君を傷付けるつもりはこれっぽっちもなかったんだよ。

B: Yeah, right. よく言うよ。



「ふ~ん、あっそ」という相手をまるで信じていない雰囲気がよく出てます。他にも、同じように皮肉を込めたフレーズには次のようなものもあります。



uh huh

sure


これは、相づちでもよく使われ、同意や承諾を表すフレーズです。「うん」「うんうん」「ああ(そうだよ)」という意味があります。この uh huh や sure も言い方によっては嫌味が込められていて、 「はいはい」と同じニュアンスになります。


例文

A: I promise! I'll call you as soon as I finish tonight's meeting. ホントに。今夜のミーティングが終わったら絶対にすぐに電話するから!

B: Uh huh. はいはい。



A: I'll do it first thing in the morning tomorrow. 明日、朝一でやるから。

B: Sure. ふーん。




皮肉ではなく、本当に「うん、そう」「その通り」という意味で "yeah, right" を使いたい場合もあると思います。ネイティブでないとイントネーションの使い分けは難しいことが多く、皮肉で言ったつもりではないのに嫌味と誤解されてしまうこともあるかもしれません。

それを防ぐために、ワンポイント。嫌味ではなく、単純に相手の言ったことを肯定したい場合は、"yeah, right" ではなく、"yeah/yes, that's right." と、that's を入れてあげることで誤解はかなり避けられるはずです。

また、uh huh や sureの誤解を避ける言い方ですが、このフレーズは "Yeah, that's right."のように単語を付け足して言うことはないため、「うんうん」と言う時のように、何度か頷きながら言うと誤解されないでしょう。



【合わせて読みたい】

「どうりで~なわけだ!」英語では何て言う?

  • Facebook Social Icon
favicon.png

© 2020 Mau Lingua